Donation project ‘PRAY’ for Ukraine

2022年8月20日から(限定数無くなり次第終了)

このたび、ギャラリードゥポワソンはウクライナの人道支援のため、ジュエリーによるドネーションプロジェクト「PRAY」を始めます。

現在ウクライナでは、ロシアの侵攻により民間人を含めた多くの犠牲者が出ており、多くの人が故郷を離れ 国内外への避難を余儀なくされています。侵攻からおよそ半年が経とうとしているなか未だに収束の兆しが見えず、日々胸の痛むニュースが続いています。

世界中に不安が広がるなか、日本にいる私たち一人ひとり にできることは本当に小さなことかもしれませんが、ウクライナの人々に寄り添う連帯の気持ちを表し、少しでも協力ができたらと考え、ジュエリーのドネーション企画「PRAY」を通じて、微力ながら協力させていただくことといたしました。

企画に賛同いただいた3名のジュエリー作家の方々に、限定のオリジナルジュエリーを制作していただきました。ウクライナ国旗カラーをモチーフにした天然石や Crochet de luneville ( クロッシェ・ド・リュネビル) のブローチ、七宝のピアスなど、作り手の思いが込められた三者三様のジュエリーが出来上がりました。

Etsuko Sonobe / Pin brooch
Moko Kobayashi / ウクライナPIN
Emika Komuro / ‘PRAY’ earrings

ジュエリーには、身に着けることでメッセージを伝えるツールにもなりうる役割があると私たちは考えています。これらのジュエリーを身に着ける方やそれを目にする周りの方々にとって、ウクライナの人々と平和への想いを馳せるきっかけになればと願っております。

なお、こちらの売上金は全額『国境なき医師団ウクライナ: 命を守る緊急医療援助』に寄付させていただきます。

参加作家:
Etsuko Sonobe / Môko Kobayashi / Emika Komuro

‘PRAY’ donation project
会期: 2022 年 8 月 20 日(土)から (限定数無くなり次第終了)
会場: gallery deux poissons オンラインショップ、および gallery deux poissons 店舗

ONLINE SHOP はこちら


[Donation projectについて]

国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF) とは、紛争や自然災害の被害者や、貧困などさまざまな理由で保健医療サービスを受けられない人びとなどに医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としています。

2月24日に戦争が始まって以来、ウクライナでは多くの人が避難を余儀なくされ、990万人以上が国外へ逃れた(国連難民高等弁務官事務所、7月26日)。ウクライナに戻った人も390万人を超えるが、戦闘が続く国内で不安定な状況に置かれている。 

国境なき医師団(MSF)は、命の危機にさらされた人びとに医療援助を届けるべく、ウクライナ国内と近隣諸国で緊急対応を進めている。

寄付でできることの一例:
3000円 :基礎医療セット120人分を用意できます。
5000円 :清潔な水を210人に提供できます。
10000円:32枚の緊急用簡易ブランケットを提供できます。
30000円:シェルター資材を15家族に提供できます。
※外国為替により変動します。
※国境なき医師団への寄付は税制優遇措置(寄付金控除)の対象となります。
(国境なき医師団 HPより抜粋)


お問い合わせ
info@deuxpoissons.com

Exhibition Index