Exhibitions

     

ETSUKO SONOBE Exhibition"Inclusion"
2019年12月6日 (金) −12月25日 (水)
Opening Reception 12月6日 (金) 18:00-19:00











ギャラリードゥポワソンでは、第8回目となるETSUKO SONOBE Exhibition"Inclusion"を開催いたします。
今回の展覧会は、素材、表現、技術、すべてが"Inclusion"という言葉で繋がっています。
宝石を作る際には省かれてしまうような石をあえて好み、近年は永い時をかけて自然が造り出した結晶の美しさそのものを、作品に取り入れてきました。

『鉱物が長い時間をかけて成長する過程で取り込んだ内包物や包有物、そのインクルージョンは結晶の魅力となっています。そしてInclusion (包括) は、様々な存在がそれぞれに成り立ち、それらが全体を成り立たせる関係を示す言葉でもあります。立体造形物として、ジュエリーが無理なく、どのように関わっていくことが出来るか。違う要素がそれぞれに関わることで、新たな繋がりの表現を生み出すことを考えました。今回は貴石彫刻家の詫間康二氏の技術と造形感覚が、作品を生み出すことに繋がっています。作品が完成するまでの過程の尊さを感じています。』と語っています。

本展では新作20点をはじめ、以前から人気の高いシリーズのリングやピアスなども約50点ご紹介いたします。是非この機会に会場にてご高覧ください。


ETSUKO SONOBE Exhibition"Inclusion"
2019年12月6日 (金) −12月25日 (水)
Opening Reception 12月6日 (金) 18:00-19:00


在廊日:
12月6日金 12:00-19:00
12月7日土 13:00-18:00
12月14日土 13:00-18:00
12月21日土 13:00-18:00 
12月22日日 13:00-18:00 



Etsuko Sonobe / 薗部 悦子

1976 年、武蔵野美術短期大学工芸デザイン専攻科卒業。以来、企業のジュエリーなどの商品開発にデザイナーとして携わるとと もに、自身のジュエリーブランド「etsuko sonobe」を展開。天然石と貴金属の魅力を最大限に引き出すデザインと、丁寧な手 仕事によるコンテンポラリーなジュエリーを制作。国内外での個展やグループ展、アートフェアなどで作品を発表している。日本 のコンテンポラリー界を牽引する存在。 主な展覧会に、フォルツハイム美術館「ORNAMENTA 1」、東京国立近代美術館工芸館「ジュエリーの今、変貌のオブジェ」など。 作品は、National Museum of Sctottland、The Marzee collection などに収蔵されている。






過去の展覧会情報をみる