Exhibitions

     

ART FAIR TOKYO 2019



Etsuko Sonobe ring K20YG, topaz


bubun bracelet glass


Moko Kobayashi  brooch / pin glass beads



アートフェア東京2019では、Etsuko Sonobe、bubun、Moko Kobayashi
3名のジュエリー作家を中心にご紹介いたします。


出展作家 プロフィール :

Etsuko Sonobe 薗部 悦子
1976 年、武蔵野美術短期大学工芸デザイン専攻科卒業。以来、企業のジュエリーなどの商品開発にデザイナーとして携わるとと もに、自身のジュエリーブランド「etsuko sonobe」を展開。天然石と貴金属の魅力を最大限に引き出すデザインと、丁寧な手 仕事によるコンテンポラリーなジュエリーを制作。国内外での個展やグループ展、アートフェアなどで作品を発表している。日本 のコンテンポラリー界を牽引する存在。 主な展覧会に、フォルツハイム美術館「ORNAMENTA 1」、東京国立近代美術館工芸館「ジュエリーの今、変貌のオブジェ」など。 作品は、National Museum of Sctottland、The Marzee collection などに収蔵されている。



bubun ブブン
bubun / ブブン 2006 年 多摩美術大学美術学部工芸科ガラス専攻卒業した陣 めぐみと、2004 東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了 した 陣 信行が 2016 年に立ち上げたブランド。二人は 2013 年から三年間、皮革製品製造会社で染色職人を務めた。 『bubun という名は、文字通り「部分」に対する私たちの関心を象徴的に示しています。私たちが「部分」に魅かれるのは、それ が全体と呼ばれるものの犠牲となることなく自律的な美を発現し、環境と調和しながらより大きなスケールにおいて新たな美を獲 得する時です。同時にそれは美しい領域を構成する「部分」にフォーカスすることにより、次々と新たな美が発見できる時とも言 えます。私たちはそうした「部分」から「部分」へと跳躍する絶え間ない美の獲得・発見の連続性の一つの起点となりうる作品を 作ることを目指すとともに、その作品があらゆる意味において身に着ける人自身の " 部分 " となることを願っています。』 


Moko Kobayashi 小林モー子
1977年神奈川県生まれ。刺繍家。アパレルメーカーのパタンナーを経て2004年に渡仏。エコールルサージュにてオートクチュール刺繍を学びディプロム取得、パリを拠点に活動を開始。2010年3月に帰国し、刺繍アクセサリーの制作、オートクチュール刺繍教室を主にmaison des perlesとして活動を始める。
オートクチュール刺繍のかぎ針技法(リュネビル法)を用い、一つ一つ手作業で作るビーズ刺繍のアクセサリーです。材料はフランスでデザイナーが直接買い付けてきた1930年代頃のガラスビーズで、特にサイズの小さいものや色を厳選し使用しています。コンセプトは『piece de conversation』=話題の手がかり。アクセサリーを通じ、自然と会話が始まるような作品を目指しています。


以下の作家作品も一部ご紹介いたします
Akiko Kurihara / Bettina Speckner / Claude Schmitz / Herman Hermsen / Jiro Kamata / Kaori Juzu / Kazuko Mitsushima / Kazumi Nagano / Lin Cheung / Marc Monzo / Marta Boan / Naoko Ogawa / Yurina Kira / Yoriko Mitsuhashi etc...




【アートフェア東京2019】

開催日程

招待日
3月7日(木)13:00 〜 14:00 プレスビュー
3月7日(木)14:00 〜 16:00 プライベートビュー
3月7日(木)16:00 〜 20:00 ベルニサージュ

一般会期
3月8日(金)11:00 〜 20:00
3月9日(土)11:00 〜 20:00
3月10日(日)11:00 〜 17:00
*入場受付は各日終了30分前まで

会 場
東京国際フォーラム ガラス棟 地下2階 ホールE(東京都千代田区丸の内3-5-1)

ART FAIR TOKYO 2019 HP
https://artfairtokyo.com/2019






過去の展覧会情報をみる