Yurina Kira
     





吉良 ゆりな  略 歴

テレビ美術制作会社のイラストレーターとして勤務した後、1991年渡伊。

ミラノ・アカデミア・ブレラ絵画科卒業。イタリアの建築に強い影響を受け、絵画から木を素材とした壁面作品の制作を手がけると同時に、イタリア国内で作品の個展をしながら、箱、ネックレスなどのアートクラフト作品を制作する。2004年に帰国し、インテリアショップTIME & STYLEよりミラー作品を発表。

2008年より「凸deco」をスタート。

2012年にブランド名を「KIRAYURINA」として、ブローチと作品制作で再スタートをきる。

木をベースにアクリルやミラ―、ネジなど異素材を組み合わせたブローチはボリュームがありながらも、軽くつけやすく機能的で、そのデザインもオリジナリティがあり、年齢や時代に左右されることのない魅力にあふれている。