Yasuki Hiramatsu
     




平松 保城 略歴


1926年大阪府生まれ。1952年東京美術学校(現東京芸術大学)卒業。1964年に日本ジュウリーデザイナー協会が設立され、創立会員となる。1984年東京芸術大学教授に就任(〜94年)。2008年に東京国立近代美術館工芸館にて“かたちのエッセンス−平松保城のジュエリー展”が開催される等、国内外で展覧会多数。また1991年の芸術選奨文部大臣賞をはじめ、数々の賞を受賞している。

作品は東京国立近代美術館、皇居、東京藝術大学資料館、フォルツハイム市立美術館、ロイヤルカレッジ・オブアート、エジンバラ美術館、ヴィクトリア&アルバート博物館等に収蔵。

「人間が生きる上で真に価値のあるものを」という願いから生まれた、生活の中で使う喜びや楽しさを喚起する、シンプルなかたちのジュエリー。簡潔なフォルムのなかに金属のあたたかみをたたえ、素材に対する美意識を表現している。


-Selected Awards-
1991 芸術選奨文部大臣賞
1994 名誉のゴールド・リング賞 ドイツ
1995 通産省デザイン功労者 表彰
1996 バイエルン賞 ドイツ
1997 工芸財団 国井喜太郎賞

-Solo Exhibitions-
国内 15回
海外 20回

-Selected Exhibitions-
展覧会出品 東京国立近代美術館工芸館 6回
京都国立近代美術館 3回
海外 77回