Warwick Freeman
     




Warwick Freeman ワーウィック・フリーマン 略 歴


1953年ニュージーランド・ネルソン生まれ。

1972年より主に独学でジュエリー制作を始める。ネルソンにてワークショップを立ち上げた後1975年にオークランドへ移住。

マオリ族の伝統などオセアニア文化と現代の感覚をミックスさせたユニークな表現方法で知られる。石、貝、骨、木などの自然物やファウンド・オブジェクトを多く用いた、強いメッセージ性を持った作風が特徴。

ヨーロッパ、アメリカなど国外でも作品を発表しながら、ニュージーランドとオーストラリアで定期的に展示会を行なう。Francoise van den Bosch Prize 2002受賞。


[主なパブリックコレクション]
National Gallery of Australia, Canberra(オーストラリア)/ The Powerhouse Museum, Sydney(オーストラリア)/ Auckland Museum(ニュージーランド)/ the Dowse Art Museum, Lower Hutt(ニュージーランド)/ The Danner Stiftung, Munich(ドイツ)/ The Helen Drutt Collection, Philadelphia(アメリカ)/ Stedelijk Museum, Amsterdam(オランダ)/ Te Papa, Museum of New Zealand, Wellington(ニュージーランド)