Shinji Nakaba
     





Shinji Nakaba / 中場 信次

ファッション、ヘアー、シューズ、グラフィック、などの製作やデザインを経験した後、1974 年から本格的にジュエリーの世界 に入る。身体に着ける事の出来る彫刻(Wearable sculpture)という考えでジュエリーを製作し、展覧会や個展を通して発表し ている。作品に使う素材には貴金属や貴石以外にも、身じかでありふれた素材、アルミ缶やペットボトル又廃棄物など希少性や価 格の高低に関わらづ全て平等に扱うことで素材に秘めた可能性と美しさを引き出し、ジュエリーとしての新たな命を与え、又、ジュ エリー最古の技法の一つである Glyptic(宝石彫刻術)の研究にワクワクしながら日々新しい作品を作り続けている。作品は国内 外の美術館に所蔵されている。