Ritsuko Ogura
     






Ritsuko Ogura / 小倉 理都子

1978 年 中村ミナトに師事。1990 年代より国内外で多数のグループ展、個展、美術館での展覧会、アート・フェアーなどに参加。 工業製品がアートジュエリーになることを明らかにしたかったとの思いで生まれた段ボールのジュエリーや、時間の経過と記憶が 喚起させる抽象的概念をジュエリーとして成立させたいと模索したフィルムのなど、様々な素材を駆使し枠にとらわれない実験的 な存在感のあるジュエリーを発表し、国内外で活躍している。作品はデザインミュージアムなどのパブリックコレクション、プラ イベートコレクションに所蔵されている。