Manon van Kouswijk
     













Manon van Kouswijk / マノン・ヴァン・コースウィック

オランダ生まれ、オーストラリア在住。Gerrit Rietveld Academyに在学中、Munich AcademyのOtto Ku¨nzli氏のもとでGuest studentとしても学ぶ。 様々な素材や形の膨大な実験的な考察を通じて、アイデアを開発するプロセスから発展させて作品を制作している。身の回りにある日常のアイテムを独自の感覚でジュエリーやオブジェに再構築したり、 陶器で完全にオリジナルピースを制作してジュエリーにしたりと、多様な作品を発表している。 最近の作品としては、クリップから制作されたプラスチック製で作られた100個のネックレスのシリーズや、自身で焼成し、一点一点手作業で制作している磁器粘土のオリジナルピースのネックレスのシリーズがある。 典型的なジュエリーの形やモチーフを様々な方法で反映しており、それを磁器粘土を使って制作することで、ジュエリーとしての可能性を拡げている。